フランスの生産者
メンバー紹介
山猫博士

 
優良な生産者を探し出すのが困難なブルゴーニュで、期待の彗星が登場した。
オーナー醸造家のピエール・クレールは、ムルソーのジャック・プリウールでのぶどう栽培の経験を買われ、ヴォルネイにある古典的ドメーヌ、ド・モンティーユの栽培長を永年に渡り務めている実力者だ。モンティーユと云えば、映画『モンドヴィーノ』でも主役級で登場し、伝統を重んじ自然な手法にてワインを造りだしているとても存在感のある造り手である。

クレールは長年温めてきた自分のワインを造るという夢を、2006年やっとスタートすることができた。お祖父さんが所有していた樹齢の古い畑を受継ぐことが出来たのだ。
アリゴテの畑は僅か10畝であるが、樹齢50年と古い理想的な畑だった。
彼に言わせると、アリゴテは50年前にはシャルドネと同等に栽培されており、大事にされていたという。シャルドネが植わる”ミステール”の畑は、僅か4畝のみ。ピノノワールは、お祖父さんが1982年に植えた畑だ。ブルゴーニュでは80%の生産者は決められた時期に決められた量の農薬や薬剤を散布しているが、ぶどうの状態と天気をよく観察すれば、例えボルドー液でも大幅に使用量を抑えられるという。
当然ながらピエールは、自然を尊重し、ビオ、ビオディナミにてテロワールを最大限生かした栽培を行う。醸造に於いても醸造用物質(酸、酵母、酵素etc)は使用せず、テロワールとヴィンテージを最大限表現するワインを消費者に味わってもらえるよう、最大限の努力を惜しみなく注いでいる。これからの動向に、ご注目頂きたい生産者だ。

アリゴテアリゴテ
LF1101-14 白
Bourgogne Aligoté
ブルゴーニュ アリゴテ
ぶどう品種:アリゴテ
5年樽にて1年澱と共に撹拌せず樽熟、清澄と濾過はせず、SO2は瓶詰め時のみ15mg/Lと極少量添加。2014年は天候不順のため結実不良やベト 病、うどん粉病などに手間の掛かった年。防除作業を丹念に行った事や収穫時の厳しい選別により、例年通り旨みに富んだワインが出来た。 
シャルドネシャルドネ
LF1105-14 白
Bourgogne Chardonnay 
シャルドネ
ぶどう品種:シャルドネ
年によっては1樽も造れない程希少なシャルドネ。圧搾後静置させ大きな不純物のみ取り除き、5年程度の古樽で発酵。熟成もそのまま細かな澱と 共に約1年。SO2は瓶詰め前のアッサンブラージュ時に15mg/Lと極少量添加。 
 LF1107-16 白
1/20 Vin de France Bourgogne Chardonnay 
シャルドネ
ぶどう品種:シャルドネ
とても淡い色調、香りから既に柑橘の食欲をそそる酸の香りが感じられ、ほのかにシナモンのスパイシーな香りが漂う。爽やかな味わいで酸とミネラル感がフレッシュ感を与えている。
 LF1106-16 赤
Zéro Méga Vin de France
ゼロ・メガ
ぶどう品種:ガメイ
サヴォアで友人がビオで栽培しているぶどうを買って醸造したワイン。淡いサーモンピンク、小赤果実に仄かな樽香、小赤果実の果実味の心地よさに軽やかでスイスイ飲めてしまう。
ピノ・ノワールピノ・ノワール
 LF1103-14 赤
Bourgogne Pinot Noir
ピノ・ノワール
ぶどう品種:ピノ・ノワール
木製開放桶にて全房を野生酵母にて発酵、5年樽にて1年撹拌せず樽熟。涼しい年であったが、薔薇の様な高貴なアロマに包まれた実にエレガントな出来に驚きを隠せない!
生産者 一覧を見る