フランスの生産者
メンバー紹介
山猫博士

ドメーヌ・ベリュアールは、モンブランの麓、標高450mというアルプスの高地に位置する特異なドメーヌだ。
この地エーズAyseは22あるサヴォアのクリュの1つでサヴォアの僅か2%に過ぎない。
しかしこのクリュの特徴は固有品種グランジェGringetだ!しかもグランジェは、ローマ人がぶどうを持ち込む前からここでされていた固有種とみなされている。グランジェは世界でもサヴォアでしか栽培されておらず、栽培面積は僅か22ha。
10haからなるベリュアールは、最も重要な栽培グランジェの栽培家と云えよう。
1947年父が果樹園を切り開きぶどうに植え替えたことにより設立されたこのドメーヌは、現在ドミニクにより取り仕切られている。1988年ドメーヌを受継いだドニミクは、従来の化学物質を使用した農業ではぶどうの樹の成長がうまくいかないことに気付き、ビオディナミに転換。そして、澄み切ったまさにアルプスそのものの味わいのワインを世に送り出している。

 LF2102-15 白
Les Alpes, Gringet, AOP Vin de Savoie
レ・ザルプ、グランジェ、 AOP ヴァン・ド・サヴォア
ぶどう品種:グランジェ
アルプス山塊の石灰の石、氷河期の黄色泥炭土による土壌。野生酵母にて発酵させ、100%卵形のセメントタンクにて熟成。白い花、ミカンなど柑橘類の風味が穏やかでエレガント。酸は穏やかで優しさに溢れた他にない魅力に満ちたワイン。
 LF2104-15 白
Le Feu, AOP Vin de Savoie
ル・フー、AOP ヴァン・ド・サヴォア
ぶどう品種:グランジェ
標高450mの上部、斜度40度超えの急斜面上に位置する、氷河期の鉄とアルミを豊富に含む赤粘土質土壌の区画のぶどうを野生酵母と野生のバクテリアで発酵させた、真にテロワールに基づいたワイン。100%卵形のセメントタンクにて熟成。より風味と味わいの凝縮した上級ワイン。
生産者 一覧を見る
リュックボエ
山猫博士

 
リュックは、栽培の仕事を請け負いながら2011年初めて自身のワインをリリースした。
とはいえ、まだたった1.2haのぶどう畑を借りているに過ぎない。
しかし、彼の活動はサヴォアの伝統を今に復活させる大きな一歩であることに間違いない。
伝統白品種アルテス(ルーセット)は栽培にとても手間が掛り、晩熟で多産性赤品種のモンドゥーズは収量を40ha/hl以下に抑えないと良いワインができない。
そんな難しい品種から、彼はこの地ならではのワイン造りに情熱を賭けている。
スキー最上級者にしか滑れないようなただでさえ急峻な斜面に、石灰岩の露出した山から転げ落ちてきた石がびっしりと2mも積もった畑。足元悪く、歩くだけでフラフラするのだ。
そこに晴天時にはじりじりと照りつける太陽が35度もの暑さをもたらす。
こんなところで畑仕事ができるとは到底思えない・・・。
その畑で、ビオ、ビオディナミを実践し、他にはない類稀な味わいのワインを造っている。
いろいろ試験的なワインも造るなど、これからが楽しみな生産者の出現だ!

 LF1004-15 赤
Chardonnay, le Grangeon Mano, AOP Bugey
シャルドネ・ル・グランジェオン・マノ
ぶどう品種:ガメイ、モンドゥーズ
2015年に手に入れた畑から造る新しいキュヴェ。2/3はルフレーヴの古樽、1/3は600Lのドゥミ・ミュイ樽で18か月熟成。麦わら掛かった黄色の色調。レモングラス、洋ナシなどの黄色い果実風味に藁の香りが漂う。豊かな酸とミネラルが果実味を支えている。キュヴェ名は、”マノ”という以前の所有者の小屋(グランジェオン)が畑にある事に由来する。
 LF1001-13 白
Altesse en Paradis, IGP Coteaux de l'Ain
アルテス・アン・パラディ、IGP コトー・ド・ラン
ぶどう品種:アルテス
金色掛った輝きある色合い、金木犀、木の根、蜂蜜、紅茶キャンディなどミネラリーな重層的な風味豊かで、エレガントな香りが口中に広がる。
まろやかさと引き締まった酸味が食欲をそそる味わい。鶏のクリーム煮や鱒のアーモンドクリームソースに合わせるのが定番。
 LF1007-15 赤
Gamay Combernand, AOP Bugey
ガメイ・コンベルナン、AOP ビュジェ
ぶどう品種:ガメイ
丸い石や小石の多い標高350mの畑をビオディナミで栽培している”コンベルノー”の畑。ぶどうの房そのままMCで発酵後、モレ・サン・ドニの名門デュジャックの古樽で熟成。明るいルビー色。ややガスが含まれ清涼感ある赤果実が楽しめるワイン。ラベルは、氷河により削られたサヴォアの山河”コンベルノー”の畑に架かる美しい夕日の絵。
 LF1008-15 赤
Gamay Clos de Beauregard, AOP Bugey
ガメイ、AOP ビュジェ
ぶどう品種:ガメイ
南向き粘土質石灰、斜度20-35度の急斜面に植わる樹齢60年のぶどうを、房丸のままMCで15日間醸し。古樽で6か月熟成。SO2は一切添加せずフィルターにも掛けずビン詰め。
 LF1003-13 赤
Les Deux Coteaux, AOP Bugey
レ・ドゥー・コトー、AOP ビュジェ
ぶどう品種:ガメイ、モンドゥーズ
2013年は収穫量が少なかったため2品種をブレンドしてひとつのキュヴェを造った。締まった酸と赤果実を楽しめる。
 LF1006-15 赤
Miss Mondeuse, AOP Bugey
ミス・モンドゥーズ.AOP ビュジェ
ぶどう品種:モンドゥーズ
一段低く見做されていたモンドゥーズの良さを知ってもらいたいと、フィリップ・ボールナールの昔の彼女と話していて着想を得たワイン。マリリンモンローに代表される1970年代をイメージするPOPなラベル!果梗までよく熟したぶどうを丸のまま1週間MC醸し発酵、熟成はタンクにて。赤果実風味にカカオやメンソールの香りがほんのりと重なり、深みある味わいを心地よい酸が引き締めている。
 LF1005-15 赤
Mondeuse Le Château, AOP Bugey
モンドゥーズ・ル・シャトー・AOP ビュジェ
ぶどう品種:モンドゥーズ
リュックのワインの神髄とも云えるキュヴェ。石灰の石の堆積する急斜面で実るモンドゥーズをMCで12-13度の低温にて2週間房丸のまま醸した後樽にて熟成。ややガーネット掛かったルビー色。赤果実と溶けたタンニン、酸に樽の風味が混じり合い、とても深遠で複雑な風味を醸し出している。アルコール度は10.5度と低く軽やかさがありながらこの複雑さを兼ね備えている味わいは、デュジャックに通じるものがあるのではないでしょうか。 
生産者 一覧を見る